汗を多くかいてしまうコンプレックス【多汗症を根本治療】

女性

汗の悩みを解消する

喜び

味覚からの症状

多汗症と一口に言ってもその種類も様々で、一般的な局所性と呼べる類いのものの中に、味覚性多汗症も存在しています。通常、刺激のある食べ物を摂取することによって汗をかくケースがあるものの、その量が異常に多い場合には味覚性を疑うことも大切です。通常の範囲内での汗の量であれば、味覚性発汗と呼ばれる生理現象と呼べますが、味覚性多汗症である場合には、味覚を刺激する神経が過剰に反応してしまい、異常なまでに汗をかくことが症状として挙げられます。鼻や額だけではなく、全身からも症状が現れるケースもあり、未だに原因が明白に解明されていない点も注意したい点で、診断結果が曖昧にされやすいデメリットが挙げられています。味覚性の場合、ただ単に汗を抑制するための薬物治療だけを進めるのではなく、汗をかく不安や恐怖感などを克服できる精神面の治療も重要視したいポイントとなります。治療に関しては、皮膚科あるいは美容外科などで相談することと同時にメンタルクリニックを受診する必要性があります。

汗の量に違いがある

汗っかきと思われがちである多汗症は、激しい運動や暑さを感じた時の体温調節とは違い、体温調節が不要な時にさえ、多量の汗をかく病気の1つです。汗っかきとのボーダーラインは、専門医でなければ判断できないケースが多く、全身性と局所性の多汗症が存在しているのが特徴です。コンプレックスとして悩みを抱え、最も患者数が多いのが局所性であり、脇や手の平、足裏などの1部分に多量の汗をかくのが最大の特徴となります。原因には遺伝以外にストレスが大きく影響しており、現代人の目まぐるしい環境の変化によって、自律神経が乱れ、精神的に追い込まれることが周知されています。治療には手掌・足蹠・腋窩の症状別に薬物治療やメンタル療法が展開されているのが一般的であるものの、近年の治療事情として胸腔鏡下交感神経節遮断術が提案されています。汗を抑制するのではなく、交感神経を遮断することにより汗を完全に止めてしまう手術であり、様々な局部の汗の悩みを一挙に解決できると話題を集めています。